ビタミンC誘導体をパウダー化。お肌に塗布した瞬間に美容液に戻るんです!

ビタミンC誘導体をパウダー化
お肌の上では美容液に戻るんです

シミに悩む元色白美肌OLが
たどりついた美白成分とは

若いころは美肌でよく誉められた私ですが、最近シミがすごいんです。色白だから余計に小さなシミが目立って見えます。

それに、肌が白い方が紫外線に弱くメラニン色素が残りやすいそうですね。今までは日焼け止めを塗っていればなんとかなっていましたが、年齢とともに、それだけでは足りなくなってきたみたい。

自分の顔にシミが出来てから、初めて手ぬかりに気付くなんて、ちょっと遅かったと落ち込みました。でも、友人たちの顔を観察していると、みんなそこそこ同じくらいにシミができているみたい。

シミとは無縁の先輩が

齢のせいかぁと笑って済ませようと思いましたが、ちょっと待て。その中で、ひとり、シミとは無縁の人がいたのです。しかも私よりも年上のお姉さま。会社の先輩です。

厚化粧でシミを隠しているわけでもなく、あまりに不思議だったので、思わずじーっと見てしまいました。「ん?どうしたの?なんか顔についてる?」とお姉さま。

そこで失礼を承知で勇気を出して聞いてみました。「ど、どうしてシミがひとつないんですか?」実はお姉さま、おタバコもお吸いなのです! 喫煙はお肌の天敵。それなのにどうして?

美肌の秘密はビタミンC

お姉さまは快く、その美肌の秘密を教えてくれました。 それはビタミンCだったのです。

お姉さま曰く、ビタミンCを与えていない肌は、いくら日焼け止めを塗っても、紫外線を前にして真っ裸でいるようなもの。紫外線は肌の角質細胞を痛めつけ、酸化物質を発生させるそうです。それがメラニンの製造工場であるメラノサイトを刺激して、シミを作らせるのだとか。

その紫外線の有害性を阻止できるのがビタミンC。ビタミンCには酸化物質を破壊して、肌を守る働きがあるそうです。さらに、できてしまったシミを分解して消してしまうこともできるから、ビタミンCをサプリで補ったりビタミンC誘導体が配合されている化粧品を肌に与えることで、シミのない肌を作ることができるのよ、と教えてくれました。

ふむふむ、すごく納得。だってビタミンC効果絶大の美肌が目の前にあるんですもの。しかも、ヘビースモーカーのお姉さまが私よりきれいな肌をしているということ自体、すでに驚きです。ビタミンCには、体の調子を整えて新陳代謝を高める効果もあるそうですから、そのおかげなのかもしれません。

そこで私も早速試してみました。ビタミンCは体内に蓄積できない成分だから、毎日摂取することが大切。食事にもビタミンCを多く含むものを選び、足りない分はサプリで補います。

ビタミンC誘導体30%配合って?

肌に直接つける化粧品には、高濃度のビタミンC誘導体30%配合の「ライズスキンパウダー美容液」を使いました。酸化しやすいビタミンC誘導体をパウダー化してガードしてて。お肌に塗布した瞬間に液状の美容液に戻るんです。

先輩のアドバイスによると、少しくらい高い美白化粧品を、チビチビ使ってたら効果なし。ケチケチしてないで、たっぷりと肌に、ビタミンCを与える方が絶対イイヨ! とのこと。だから、紫外線にさらされやすい首まわりや、手足にも惜しみなく使ってます。

するとびっくりするほどシミが消えて行く! 自慢の色白肌を取り戻すことができました。そうか、私に足りなかったのはビタミンCだったのね、と納得させられた大発見でした。これからもビタミンCで美白を続けていこうと思います!

高濃度のビタミンC誘導体30%配合の美容液
高濃度のビタミンC誘導体30%配合の美容液

☆ビタミンC誘導体をパウダー化。お肌の上では美容液に?

| ヒップホップダンスが上手くなりたい |